ベラジョンカジノを日本国内で利用するのは違法?詳しく調べてみた

ベラジョンカジノを日本国内で利用するのは違法?詳しく調べてみた

大人の遊び場としてさまざまなゲームを提供し盛り上がりを見せているオンラインカジノ。とても楽しく日本での利用者も数多いのですが、これから初めてオンラインカジノに挑戦しようと思っている方にとっては不安な部分も大きいと思います。

今回は日本人プレイヤーも多くアジア圏で大きな人気を誇るベラジョンカジノにスポットを当てて違法性や安全性について調べたことを述べていきたいと思います。

ベラジョンカジノの運営に違法性はあるの?

ベラジョンカジノは正規カジノライセンスを取得している完全に合法なオンラインカジノというのは間違いなく運営自体に違法性はありません。先に結論を述べましたが、ベラジョンカジノの運営体制に関する詳細はこのあと記事内でも紹介しています。

ベラジョンカジノを日本国内で利用するのは違法?

ベラジョンカジノを日本国内で利用するのは違法?

この件はいろんな解釈があり難しい問題なのですが、いままでの前例を見てもベラジョンカジノを利用した人が違法性を問われるような可能性は限りなく低いと思っています。

これはベラジョンカジノが海外で運営されているカジノですので日本で利用しても違法にはならないという考え方です。もしこれが違法になるのであれば今ごろ逮捕者だらけですよね。

しかしそれでも気を付けなければならないことがあり、そのことを知らないまま利用してしまうと海外で運営されているベラジョンカジノだからといっても利用者自身が違法性を問われてしまう可能性も出てきてしまいます。

その件についても記事内で詳細に解説しています。

オンラインカジノを利用していた人が逮捕されたのはなぜ?

オンラインカジノを利用していた人が逮捕されたのはなぜ?

これからベラジョンカジノを始めとするオンラインカジノを利用しようかと検討している方がもっとも不安に感じているのはこのことだと思います。

ベラジョンカジノを利用したことによって自身が違法性を問われてしまう可能性があるのではないか、また現在すでにベラジョンカジノを利用していてそのことに違法性がないのか不安になっている方もおられるかもしれませんね。

しかし安心してください。ベラジョンカジノを利用したことで自身が違法性を問われる可能性は限りなく低いと言えるでしょう。

オンラインカジノを利用していた人が逮捕された件に関しては運営されていたオンラインカジノに違法があったこと、もうひとつは利用者の利用のしかたに問題がありました。

このことに関しても記事内で詳細に解説していますので自身がそのようなことに遭遇しないよう、この一件の概要をつかめていない方は目を通しておきましょう。

当サイトが推奨したいオンラインカジノ5選
ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノの全貌!評判や安全性は?

ライセンス マルタMGA
運営企業 Dumarca Gaming Ltd.

登録住所:The Emporium, Level 4, St Louis Street, Msida MSD 1421, Malta

初回ボーナス サード入金まで50~100%の最大1000ドル+10日間連続フリースピン進呈
おすすめ度 ★★★★★★★★★★ 10/10

おすすめのオンラインカジノとして当サイトが一番最初に挙げるのはベラジョンカジノです。

私がおすすめするまでもなく、世界的に有名で特にアジア圏では絶大な人気を誇るオンラインカジノですね。

入出金の対応も素早く定番オンラインカジノの名にふさわしい安定感と安心感を感じられ信頼できるオンラインカジノです。

ボーナス制度についても出金条件などが比較的容易にクリアできるのでボーナスを効率的に活かすことのできるオンラインカジノと言えるでしょう。

直近収支
2019年3月度 プラス1697ユーロ(約212000円) 主にプレイしたもの:スロット
2019年4月度 プラス2641ユーロ(約330000円) 主にプレイしたもの:スロット・バカラ
2019年5月度 プラス298ユーロ(約36000円) 主にプレイしたもの:スロット・バカラ

 

 

カジノシークレット

出金制限ボーナスが魅力。カジノシークレットの全貌!評判・口コミ・安全性

ライセンス マルタMGA(登記番号:MGA/B2C/259/2014)
運営企業 Casino Secret Limited.

(登記番号:C86426 登記住所:  #2 Geraldu Farrugia Street, Zebbug, Malta)

初回ボーナス 50%ボーナス最高70ドル もし負けてしまってもその度、一定のキャッシュバックの保証付き
おすすめ度 ★★★★★★★★☆☆ 8/10

カジノシークレットは2018年に日本語サイトがオープンしたばかりの新しいオンラインカジノです。ライセンス自体は2014年から運用があるようです。

しかし、完全に新参という訳ではなくオンラインカジノの業界に携わっていた方がもっとユーザーフレンドリーなオンラインカジノを作るべく結託して立ち上げられたという背景があるためオープンして間もないといえども十分な信頼感を持つオンラインカジノと言えそうです。

カジノシークレットは一般的なボーナス制度と異なり、出金に一切制限が付かない即出金可能なキャッシュバック制度が大きな特徴と言えます。

キャッシュバックされるタイミングは入金時やカジノで惜しくも負けてしまった場合なので、もし勝負をかけて負けてしまった場合に対する補償のような制度となっています。

負けてもその一部が即出金可能なキャッシュとして戻ってくることから初心者にも大変優しいオンラインカジノと言えるでしょう。

直近収支
2019年3月度 マイナス158ドル(約19000円) 主にプレイしたもの:スロット・ライブカジノ
2019年4月度 プラス1233ドル(約130000円) 主にプレイしたもの:スロット・ライブカジノ
2019年5月度 プラス781ドル(約82700円) 主にプレイしたもの:スロット・ライブカジノ

 

 

ワンダリーノカジノ

華麗なグラで楽しいゲーミングが好評。WUNDERINO(ワンダーリーノカジノ)の評判

ライセンス マルタMGA (登記番号:MGA/B2C/309/2015)
運営企業 Rhinoceros Operations Ltd.

登録住所:54 Sir Luigi Camilleri Street, Sliema, Malta

初回ボーナス 200%ボーナス+フリースピン30回進呈
おすすめ度 ★★★★★★★★☆☆ 8/10

2016年にオープンした当サイトでおすすめするオンラインカジノの中では比較的新しいオンラインカジノです。

ワンダリーノはオンラインカジノ業界では珍しく運営企業のCEOなどが顔出しでインタビューを受けている様子を公開するなどクリーンなイメージがとても強く今後にも大きな期待が持てるオンラインカジノです。

入出金の対応も素早く、ゲーミングについてもオリジナリティがあるものが多く充実しています。ボーナス制度についてもマル◎

オープンから日が浅いということでそのあたりの信頼性や知名度はまだないという所で少しマイナスポイントかというところ。

直近収支
2019年3月度 プラス98ユーロ(約12000円) 主にプレイしたもの:ライブカジノ・スポーツ
2019年4月度 プラス1593ユーロ(約199000円) 主にプレイしたもの:スロット・テーブル全般
2019年5月度 マイナス193ユーロ(約23000円) 主にプレイしたもの:テーブル全般

 

 

ラッキーニッキーカジノ

ラッキーニッキーカジノ

ライセンス マルタMGA(登記番号:MGA/CL1/563/2009)
運営企業 SkillOnNet Ltd.

登録住所:Office 1/5297 Level G, Quantum House, 75, Abate Rigord Street, Ta’ Xbiex, XBX 1120, Malta

初回ボーナス サード入金まで50~100%の最大350ドル+150回のフリースピン進呈
おすすめ度 ★★★★★★★★☆☆ 8/10

サイト内でのキャラクターの活躍が印象的なラッキーニッキーカジノもおすすめです。

運営企業はヨーロッパ圏で複数のオンラインカジノを運営しているSkillOnNet Ltd.です。ラッキーニッキーカジノはこの企業のブランドのひとつということになりますね。

SkillOnNet Ltd.の他ブランドオンラインカジノでもトラブルなどの声はなく、安心して利用できるオンラインカジノと言えるでしょう。

初回ボーナスについては最大350ドルと控えめなのですが、その代わりに進呈される150回のフリースピンがラッキーニッキーカジノの初回待遇の魅力ですね。スロット好きであれば検討してみてほしいおすすめのオンラインカジノです。

直近収支
2019年3月度 プラス46ユーロ(約5700円) 主にプレイしたもの:ライブカジノ
2019年4月度 プラス562ユーロ(約70000円) 主にプレイしたもの:ライブカジノ・スロット
2019年5月度 マイナス386ユーロ(約47000円) 主にプレイしたもの:ライブカジノ

 

 

インターカジノ

Inter Casino(インターカジノ)の全貌!評判や安全性は?

ライセンス マルタMGA(登記番号:MGA.B2C/169/2009)
運営企業 Dumarca Gaming Ltd.

登録住所:The Emporium, Level 4, St Louis Street, Msida MSD 1421, Malta

初回ボーナス サード入金まで50~100%の最大1000ドル
おすすめ度 ★★★★★★★★★★ 10/10

最後におすすめするインターカジノはベラジョンカジノを運営するDumarca Gaming Ltd.が運営しているもうひとつのオンラインカジノ。

日本国内ではアジア圏で人気なベラジョンカジノの裏に隠れていてあまり目立たないオンラインカジノですが、ヨーロッパ圏ではウィリアムヒルなどと張り合うほど人気の高いオンラインカジノです。

運営歴はベラジョンカジノよりも長く、海外ではより親しみの深いオンラインカジノだと言えるでしょう。

サイトの構成や雰囲気も派手さのあるベラジョンとは真逆で落ち着いた大人っぽい雰囲気なので特に中級・上級者に人気のおすすめオンラインカジノです。

直近収支
2019年3月度 マイナス28ユーロ(約3500円) 主にプレイしたもの:ライブカジノ
2019年4月度 マイナス63ユーロ(約7800円) 主にプレイしたもの:ライブカジノ
2019年5月度 プラス358ユーロ(約44000円) 主にプレイしたもの:ライブカジノ

 

 

オンラインカジノ利用者が逮捕!ベラジョンカジノも違法?

オンラインカジノを利用するのが不安という方の理由として2016年に日本国内でオンラインカジノを利用した男性3人が違法性を疑われ逮捕されたという出来事が大きいと思います。

この出来事はベラジョンカジノを始めとしたオンラインカジノをこれから利用したいと考えている方の大きな足かせとなっているのは間違いないでしょう。

ベラジョンカジノを利用したことで自分も違法性を問われてしまってはたまったものではありませんよね。

違法性を疑われ逮捕された3人のその後の処分

某オンラインカジノを利用し違法行為の可能性があるとし逮捕された3人ですが注目したいのはその後の処分についてです。

その処分の内容は3人のうち2人が略式起訴を受け入れ残りの1人は略式起訴を受け入れず不起訴処分だったということです。

不起訴とは?

3人中2人は略式起訴を受け入れていますが、これは自分で罪を認めて罰金払えば全部終わりにしてやるよって感じですね。違法なことはしていない!と声を上げる気力もなく罰金払って終わらせたかったひとたちです。

大事なのは3人のうち1人が違法なことはしていない!と訴え、略式起訴を受け入れなかった結果不起訴となったことです。

不起訴処分は基本的に検察側が裁判を起こしても有罪にすることができないと判断した場合におこなわれます。簡単に言うと検察側はオンラインカジノ利用者に違法性が認められないと判断したということです。

ベラジョンカジノでも逮捕の可能性はある?

ベラジョンカジノを利用したことで違法性を問われ逮捕まで至る可能性は限りなく低いでしょう。

理由としてはオンラインカジノを利用して逮捕された3人はオンラインカジノ選びに問題があった&3人はプレイの様子をネット上で公開していたことが挙げられます。

日本国内での運営と判断されたオンラインカジノを利用していた

この事件の発端となったのはオンラインカジノである【スマートライブカジノ】が日本国内での運営と判断されたことです。

この【スマートライブカジノ】はサイト自体も日本語にしか対応しておらずライブカジノなども日本人ディーラーが日本語で対応していたと言われています。海外オンラインカジノであると宣伝しておきながら実際は完全に日本人がターゲットの違法なオンラインカジノだったんです。

このように今回はたまたま【スマートライブカジノ】でしたが2018年7月現在でも日本国内での運営と判断されそうな疑わしいオンラインカジノは数多く存在しています。

ですので自身が違法性を問われてしまうかどうかはオンラインカジノ選びが一番のポイントになっています。慣れてしまえばそのような違法オンラインカジノを見分け、避けることは簡単です。

これについてはもう少し読み進めて頂いて【ベラジョンカジノの運営や日本人の利用に違法性はあるの?】の項をご覧ください。

3人は【スマートライブカジノ】でのプレイの様子をネット上で公開していた

そしてその【スマートライブカジノ】利用者だった3人はそのプレイの様子を自分のIDなどを隠さずにブログやSNSで発信していました。この行為が警察の目に留まったとも言われています。

このことからわかること

これらのことからわかるのはオンラインカジノ選びがとても重要だということ。そして安易に自分の個人情報を公開しないことです。

この3人ははじめから確実に海外で運営されているベラジョンカジノなどのオンラインカジノを選べば違法性を問われることもなかったでしょう。

日本国内で運営されているのではないか?と感じるカジノ、例えば運営している企業が何も情報を提示していないなどいろいろと不鮮明な部分が多いオンラインカジノを避けることが一番大事だと言えるでしょう。

月間15名限定 当サイト特別特典

当サイトのリンクよりベラジョンカジノに新規アカウント開設をされた方限定でのメルマガを発行中です。

サイト公開できる情報は大人の事情もあって限られています。しかしメルマガではライセンス発行元などの担当者の方から知り得た、知っておくと心強い少し裏事情的なお話もしています。

メルマガの詳細

アカウントを開設された方は日時を記載のうえお問い合わせにメルマガ発行希望とお送りください。

新規アカウント開設者全員 当サイト特別特典その②

ベラジョンカジノのライブカジノなどで使える攻略情報をお届けしています。

内容としては、マーチンゲール法・モンテカルロ法など誰でも知っているような攻略法ではなく、自身の状況を表に当てはめて賭けていくだけで勝率が上昇すると言われている一部の人のみ知るものです。これらはリアルカジノでの使用が禁止されているほど優秀な攻略法です。

これらの正しい情報を知っておけば安定した勝利も目前であると自信を持てることでしょう。

そんなオンラインカジノだからこそ大いに活用できるテクニック・技法をまとめた情報をお送りしています。特典①と同じくアカウントを開設された方は日時を記載のうえお問い合わせにまとめ情報とお送りください。 また、当サイトのリンクは全てアフィリエイトリンクです。オンラインカジノのアフィリエイトはプレイヤーが勝つと私たち紹介者はマイナス報酬といってどこまでもマイナスされます。ゼロを超えて下に突き抜けます。まじ赤字です。(笑) この情報を出してから、プレイヤーが勝ちまくって毎日のようにマイナスされてます。マイナスされるのは数%ですので、下の画像の何十倍もの赤字をカジノ側に負わせていることになりますね…!ってことでそろそろ怒られるかもしれません。その時はごめんなさい…

お問合せ

 

ベラジョンカジノの運営や日本人の利用に違法性はあるの?

ベラジョンカジノの運営や日本人の利用に違法性はあるの?

ベラジョンカジノを利用することが違法なのかどうかは解説した通りなのですが次に心配なのはベラジョンカジノ自体が違法なカジノである可能性はないのか?ということです。

このことに関しても運営の状況やライセンスの情報などを詳しく調べてまとめてみました。

評判のよいオンラインカジノに共通していること

はじめに評判のよいオンラインカジノに共通していることのひとつとして正規のライセンスを取得していることとライセンスの情報をハッキリと提示していることが挙げられます。

ライセンスの情報を公表することは利用者の信頼へと直結する重要な情報です。数あるオンラインカジノの中にはライセンス情報を公表したがらないところがありますが、そのようなカジノは怪しいと思うようにしましょう。

というか運営企業がライセンス情報などを公表できないということは何かを隠しているということです。もしそのカジノが日本国内で運営されているものであれば利用者が違法性を問われてしまいます。

プレイヤーにしっかりと法的情報を公開していて海外に本拠地のあるカジノを選ぶというのは絶対条件ですので絶対に守るようにしましょう。

ライセンス情報などを公表せず、何かを隠しているオンラインカジノではフェアなプレイなど不可能です。

ベラジョンカジノのライセンス表記

もちろんベラジョンカジノはライセンスの情報をしっかりと公表しています。

ライセンス所持・運営Dumarca Gaming Ltd.(登記住所: The Emporium, Level 4, St Louis Street, Msida MSD 1421, Malta)

登記番号はMGA/CL1/552/2009 2010年12月5日発行)、MGA/CL1/1005/2014、MGA/CL1/1006/2014、MGA/CL1/1007/2014、MGA/CL1/1008/2014 2014年10月10日発行、MGA/CL1/1209/2016、MGA/CL1/1211/2016、MGA/CL1/1212/2016 2016年9月29日発行です。

ベラジョンのライセンス画像

ベラジョンのライセンス画像

ベラジョンカジノが取得しているのはEU加盟国であるマルタ共和国発行のライセンスです。

マルタ共和国政府が認めるライセンス発行機関は3つほど存在しますがベラジョンカジノはその中でも評価の高いマルタゲーミングオーソリティー(MGA)のライセンスを取得しています。

このマルタゲーミングオーソリティー(MGA)はオンラインカジノだけではなくランドカジノなどにもライセンスを発行し、その信頼性は業界一ではないかと言われています。

事実としてマルタゲーミングオーソリティー(MGA)のライセンスを掲げるカジノ全般(インターカジノ・LeoVegas・Royal Panda・Mr Greenなど)はとても評判がよく、透明性の高い運営をしていることで信頼を集めています。

マルタゲーミングオーソリティー(MGA)公式サイトはこちら※日本語には対応していません。

マルタゲーミングオーソリティー(MGA)の役割

これによりベラジョンカジノはマルタの賭博規制委員会により違法な行為がないか厳しく監視・規制されます。ようするにカジノが不正な違法行為をはたらけばライセンスを失い運営ができなくなるということです。プレイヤーとカジノの関係がフェアなことは間違いないでしょう。

カジノ運営によりカジノ側が得た利益なども毎月しっかりと検査されおかしなところが無いか監視をされるようです。

このようなことからベラジョンカジノは日本で安心して利用できるオンラインカジノのひとつ。日本人プレイヤーも多く、ネットを使えば口コミで評判や情報交換をできると言う安心感も大きいので初めての人にも優しいオンラインカジノですね。

ベラジョンカジノのMGAライセンスがアクティブな状態であるかどうかはベラジョンカジノ公式サイト最下部のMGAのロゴシールをクリックすることで確認できます。

ベラジョンカジノのMGAライセンスがアクティブ

ライセンス欄のロゴシールから確認可能

このことからもベラジョンカジノが違法に運営していることはあり得ないといえるでしょう。ベラジョンカジノはマルタ共和国の決まりに従い運営されている正式なオンラインカジノです。

運営している会社や所在地が確認できないオンラインカジノを利用するということは自身が違法性を問われてしまう可能性を高めるとても危険な行為です。

それに比べベラジョンカジノは確実に海外で運営がされていることが証明されているカジノであること、マルタ共和国のライセンス表記をしっかりと行っていることからも私たちが安心して利用することのできるオンラインカジノと言えそうです。

その他のおすすめオンラインカジノと比較したい場合はこちら おすすめオンラインカジノ5選 海外拠点&ライセンス確認済の安心カジノ厳選

 

当サイトが推奨したいオンラインカジノ3選
チェリーカジノ

50年以上もゲーミング・ギャンブル業界で親しまれている老舗プレイチェリー社が運営するオンラインカジノです。スポーツベッティングからスロット・ライブカジノまで様々なゲームを配信しているほか、ダブルライセンス取得のオープンで透明性の高いオンラインカジノです。

日本での人気も上級者を中心に急速に上昇しており穴場ともいえるオンラインカジノです。今後にも大きな期待が持てるオンラインカジノと言えるでしょう。

ライセンスはマルタゲーミングオーソリティー(MGA)およびキュラソーイーゲーミングです。今ならこちらのリンクより登録するだけでスロット20回分のフリースピンをもらえます。また、ボーナスが業界最大級の最高1000ドルというのも魅力。

チェリーカジノ公式

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノ

アジア圏で絶大な人気を誇るオンラインカジノで衰えない人気からも安定した運営や評判のよさを感じることができますね。

イベントなども多く、初心者から上級者まで多くの層に支持されています。初めてオンラインカジノを始める方もベラジョンカジノを選ぶことが多く、使いやすさなどを見ても確かに初めての方には最適のオンラインカジノと言えるでしょう。

ライセンスはマルタゲーミングオーソリティー(MGA)です。また、ベラジョンも入金方法が豊富で各種クレジットカードから仮想通貨まで対応しています。

ベラジョンカジノ公式

ラッキーニッキーカジノ

ラッキーニッキーカジノ

広告等に余計な手をかけていないため目立たないオンラインカジノですが、その分プレイヤーを大事にし還元率を高めている印象です。5chや必勝攻略サイトでも優良カジノとして名の挙がるオンラインカジノです。キャラクターの印象が強い感じは日本人好みですね。

ライセンスはマルタゲーミングオーソリティー(MGA)でベラジョンカジノなどと同じ信頼度の高いライセンスです。公式サイトより運営元・ライセンス表記を確認可能です。

また、入金方法が豊富で各種クレジットカードから仮想通貨まで対応していますので気軽に始めることのできるところも魅力です。

ラッキーニッキーカジノ公式


関連記事